TAYAでは「独立支援制度」はもちろんのこと、「未来選択型システム」や「社内留学制度」など、独自の制度を設けています。

TAYAでは、キャスト一人ひとりが安心して働き、人生設計を構築できる環境を整えています。キャリアに応じて最適なポジションでやりがいを描き続けることができます。

未来選択型システム

TAYAの定年は60歳(再雇用制度では65歳)。生涯美容師として活躍するだけでなく、後輩を育成する教育ディレクターや、サロンのマネジメントを行う経営幹部を目指すという選択肢もあります。151店舗すべてが直営店だからこそ、必要とされるポジションは豊富で、あなたが得意とすることや秀でた能力を発揮できる環境があります。

松尾 崇裕 TAKAHIRO MATSUO
㈱田谷 営業部 第11グループ長/明星国際ビューティカレッジ卒
TAYAに入社して2年目にスタイリストデビューしました。それから3年間たくさんのお客様を担当する中で、技術の大切さ、スタッフとのチームワークなど美容人生に必要なことを学びました。そして、その経験を評価していただき25才で店長になりました。現在は、数店舗をまとめるグループ長として頑張っています。TAYAで得られることは、充実した教育カリキュラム、サロンワークに必要な実践技術、次世代教育を目的とした経営マネージメント、そしてお客様へのサービス精神。自分の個性と可能性を最大限に引き出していただき、「なりたい自分になれる場所」それがTAYAだと実感しています。

社内留学制度

自分自身のキャリアプランや希望に合わせて、社内での転勤先や留学期間を話し合って決めることができる制度です。スタイリストとしてデビュー時に、たくさんのお客様を担当できるサロンへ異動して経験を積む、新店オープンの際にサロン立ち上げを経験する、東京から関西へ行って違う土地の風土・文化の中で働いてみる…といったことを実践しているキャストも多数います。※ 会社が一方的に転勤を命じることはありません。

充実の福利厚生制度

TAYAの社員の定年は60歳。人生設計をTAYAで築くために、より働きやすい職場、安心できる環境の整備に取り組んでいます。「社会保険完備」とは、健康保険・厚生年金・労働災害保険・雇用保険の4つがすべて揃っていることをいいます。それは社員を守る会社の責任と愛情であり、そして一流企業の証明です。

お悩み相談窓口「Associate Hotline」

TAYAでは、社員が安心して働ける環境づくりの一つとして、「社員相談係(Associate Hotline)」を設けています。人間関係や健康問題など、誰かに話を聞いてもらいたいと思ったときに、安心して相談できる専任キャストがあなたの抱える悩みを一緒に考え、解決の道を探ります。これまでに相談された方は、不安が消えて前向きな気持ちになり、希望をもって仕事に取り組んでいます。相談内容は、秘密厳守で対応します。「自分の思いを話してみること」。これが新たな第一歩につながります。社員を何よりも大切にするTAYAだからこそのサポート体制です。